プレマフーズ

小松菜、青汁、有機農法、自然食品のプレマフーズ

 

 

カテゴリ

コンテンツ

ブログ紹介

株式会社 プレマ 代表 飯野 晃子群馬県赤城山麓で小松菜を有機栽培している、プレマ農場です。プレマの農場は約10haで、そのうち8haが有機JAS認証取得。耕作面積は、年間約30ha。もちろん化学肥料や農薬は一切使いません。「大地で生まれたすべてのものを堆肥化して大地に戻す」という自然の完全循環を目指しています。

プレマの日記はこちら

 

関連サイト

日本ヒーリングフード協会

飯野晃子公式ブログ

 Faccebook

 

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  小松菜づくりのこだわり

小松菜づくりのこだわり

小松菜へのこだわり
 
原料は地球式自然農法Rで栽培された小松菜です
 
プレマの農場の面積は、実に約8ha。無農薬・無化学肥料の有機JAS認定栽培を行っています。そして、より品質の高い小松菜の生産を可能にしたのが、プレマが開発し取り組んでいる「地球式自然農法R」です。 地球式自然農法R
小松菜、そして何より私たち人間が暮らす地球に対して敬愛の情をもって行われるこの農法。「土から出たもの全てをそのバランスで堆肥化して土に戻す」という理念の下、菜種粕や広葉樹発酵おがくず、赤道水(赤道付近の深層海水を蒸留)など、自然の養分を小松菜に生かしています。 土から出たものを堆肥化して土に戻す
栄養たっぷりのおいしい小松菜が育つ 大地(地球)に活力を与えること。それが、小松菜にも、また人間を含めた地球上にいる全ての生き物の活力になる。だからこそ、大地を優しく愛情で育てる。そうしたプレマの「地球式自然農法R」だからこそ、栄養たっぷりのおいしい小松菜が育つのです。
 
 
ページトップへ