プレマフーズ

小松菜、青汁、有機農法、自然食品のプレマフーズ

 

 

カテゴリ

コンテンツ

ブログ紹介

株式会社 プレマ 代表 飯野 晃子群馬県赤城山麓で小松菜を有機栽培している、プレマ農場です。プレマの農場は約10haで、そのうち8haが有機JAS認証取得。耕作面積は、年間約30ha。もちろん化学肥料や農薬は一切使いません。「大地で生まれたすべてのものを堆肥化して大地に戻す」という自然の完全循環を目指しています。

プレマの日記はこちら

 

関連サイト

日本ヒーリングフード協会

飯野晃子公式ブログ

 Faccebook

 

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  プレマの有機への想い

プレマの有機への想い

プレマの有機への想い
プレマの有機農場・赤城ナチュラルファームズでは、
まだ有機栽培農家がほとんどいなかった頃から、約20年以上、
水も空気もきれいな群馬県赤城山麓南面で小松菜を有機栽培しています。

自然の光を浴びて、肥沃な土壌で育つプレマの小松菜。
無農薬無化学肥料だから、手間暇がかかりますが、
自然の恵みと愛情たっぷり受けて、生命力の強い小松菜になります。
だから、プレマの小松菜は一年中生で食べても美味しいんです!

プレマの小松菜を栽培している農地   プレマの有機小松菜   小松菜ができるまで
         
有機にこだわり続けた想いは、加工食品にも受け継がれています。
プレマは、できるだけ自然な原材料のみをつかって素材の美味しさを活かし、
食べた方の心身が幸せで満たされるヒーリングフード(R)のコンセプトに基づいた加工食品を商品開発しています。

人と自然が美しく調和しながら発展する地球のために、
プレマは有機農業と有機食品の普及に取り組んでいます。